兵庫県洲本市で田舎暮らしを考える方の移住・定住応援サイトです。淡路島の豊かな自然に囲まれて暮らしてみませんか

移住者の声

移住者インタビュー vol.1 北川 太一郎氏

淡路島の有機農業を発信しつつ、コミュニティを作っていきたい。

経歴
北川 太一郎氏(38)  移住歴2年
サラリーマンとして営業、マーケティングを経験したのち、2012年10月に東京から移住。
2013年1月から有機野菜販売“あわじべじ♪”を開始。
今は有機農家さんのお手伝いをしながら、野菜を仕入れて、主に神戸で販売している。

『あわじべじ♪』
https://www.facebook.com/Awajibege

― 田舎暮らしを考えたきっかけを教えてください。

これまでは関東で営業をしていました。多くの商品やサービスを紹介するうちに、自分で作ったものを販売するプロジェクトをしてみたくなったのがきっかけです。ちょうどタイミング的にも東北の震災があって食や住など価値観が大きく代わるタイミングでした。そこで西日本に目を向け、あと私は海が好きなので、三重県の伊勢や広島県の尾道、淡路島と候補を選んでいきました。

― こちらへ移住するきっかけは何でしたか?

いろいろと調べた結果、海と田舎が共存している場所が良く、淡路の肥沃で栄養のある土、人の気質や方言、そしてなにより気候、海などを考慮して、淡路島の洲本に決めました。

― 移住にあたり不安なことはありましたか?

かなりの覚悟を持ってきましたんで、不安は特にありませんでした。また、移住の当初は洲本市にある定住支援施設「宙おおぞら」を10ヶ月ほど利用しました。食費は知りあいから野菜をいただいたり、地域の方と協力していただくなどしてカバーしていきました。ただ引っ越して最初の月に首を痛めてしまい、2ヶ月動けけなかったのがつらかったですね。(笑)

― 毎日の生活パターンを教えてください。

運良く五色地区で広めの古民家を借りて住んでいます。有機農業でお世話になってる農家さんのお手伝いをしたり、狩猟免許を取った時の仲間と集まったり、どんどんと人のつながりができています。五色地区のまつりのだんじりにも参加していく予定ですので、これから地元とのつながりが増えていくと思います。 有機野菜の作業や販売、地元の集まりなど田舎ぐらしですが非常に忙しく過ごしています。(笑)

― 移住して良かったことは何ですか?

今やっている有機野菜の販売を続けて淡路島洲本市の魅力である“食”を伝えていきたいです。 そしてゆくゆくはゲストハウスを始めたいです。淡路島の野菜を食べた人に実際に淡路島に来てもらい、島の楽しさや野菜作りの面白さを伝えて、最終的には淡路島で農業をする若者を増やせたらと思います。 また、面白い人がいっぱいいるのでそんな人たちと一緒に、自然を活かした楽しいイベントを立ち上げたいです。 若い人だけでもない、家族連れや、年配の人も楽しめる地元のお祭りのようなものをさらにふやしていきたいと思います。 地元の商店街やそのほかの個人店がどんどん減ってます。 個性ある個人店を増やして、街の活気を戻したいです。そして、もっと若者が住みたいと思うような、楽しい島にしたいです。といっても、都会と同じような楽しみではなく、自然を活かした楽しいことを増やしていきたいです。淡路島は自然が豊富です。これ以上の便利は望みません。(笑)

― 田舎暮らしを考える人へメッセージをお願いします。

是非、既に移住されている方などいろんな人に相談してみてください。僕もどんどん情報発信していきます。

【インタビュー実施時期】2014年2月(移住歴はインタビュー当時)

ページの先頭に戻る